雲間草(クモマグサ)が咲きました!

こんもりとした葉っぱの間から、可憐な小さなピンクの花が咲き出しました。クモマグサは、雲が行き交うような高山に自生することから名付けられ、日本でも北アルプスに自生しているようですが、高山植物なので育てるのが難しく、一般に売られているのはヨーロッパ原産の野生種からつくられたものだそうです。草丈も10㎝ほどと可愛らしく、鉢植えにぴったりです。

 

中国 最大のイベント 春節!

中国では、春節(旧暦のお正月)が近づくと年越し用品を買いそろえ、大切な祝日を家族と一緒に迎えるために大移動が始まり、交通機関は大パニックになります。そして街では、爆竹が鳴り響き、花火が打ち上がり、獅子や龍が舞い踊り、紅包(お年玉)が飛び交いと大にぎわいです!

 

ひっつき虫 蒼耳子(そうじし)という中医薬

オナモミ、菊科一年生草木植物(一般にひっつき虫と呼ばれる)。
性味は辛、苦、温。効能:通鼻窮、去風湿、止痛。有小毒。鼻炎、鼻ずまり、鼻水、頭痛に効果があります。最近はあまり見かけなくなりましたが、子供の頃は草むらを走り回ると服にトゲトゲのひっつき虫がいっぱいくっついて、友達にいたずらしたりよく遊びに使っていました。

 

体調を整えよう!

新年早々食べ過ぎ、飲み過ぎ、体重増でなんとなく体調不良という人のために、中医(食療学)食品学より胃や肝臓を整える食べ物をピックアップしました。胃腸に良い:おかゆ・うどん・豆腐・卵・山芋・かぼちゃ・キャベツ・白菜・大根・りんご・バナナなど。肝臓に良い:シジミ・牡蠣・タコ・ホタテ・大豆もやし・えのき・オクラ・ブロッコリー・アボガド・ウコン(郁金)・はぶ茶(决明子)など。二日酔いに良い:りんご・柿・梨など。 これらの食材を取り入れたあったかメニューや鍼灸治療で、体調を整え今年も元気に過ごしましょう。

年末年始は飲食不節に気をつけよう!

早いですね、今年もあと少しになりました。年末はクリスマスや忘年会、お正月はおせち料理、そして新年会と美味しいものがいっぱいで、ついつい暴飲暴食してしまいがちです。中医学では、辛い・甘い・塩辛い・脂っこいものの食べ過ぎ、暴飲暴食、偏食などは飲食不節(不適切な飲食)といい病気の原因の一つと考えます。体調に気をつけ良いお正月を迎えましょう。

寒い冬も元気に過ごそう!

紅葉も終わり、いよいよ本格的な寒さに向かいます。冬の寒さによって起こる冷えや痛みを伴う体調不良のことを、中医学では寒邪(自然界における邪気の一つ)が体内に侵入し悪影響を及ぼすと考えます。寒邪は気血の流れを阻害し、内臓機能や免疫力などを低下させ、カゼをひいたり、肩こり・腰痛・頭痛・腹痛などを引き起こします。あったかくして、あったかいものを食べて、よく寝て、かるい運動をこころがけ、気血の流れを整える鍼灸治療もオススメです!